〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

EPARK歯科 24時間受付OK WEB予約
お問い合わせはこちら
TEL:0120-824119

インプラント・歯周病・予防歯科・矯正歯科・ホワイトニング・メタルフリー治療・往診は大分県由布市の歯医者【小野歯科医院】歯科医院

Dr.コラム・スタッフブログ

インプラント専用サイトはこちら 最先端 当院のインプラント最大の特徴 光機能化インプラント

アンチエイジングヒアルロン酸注入療法 男性・女性ともに人気なアンチエイジング。自然な笑顔はあなたを若々しく、美しくします。

メタルフリー治療 安心安全健康

Dr.コラム

スタッフブログ

よくある質問

料金表

求人案内

HOME»  Dr.コラム・スタッフブログ»  院長コラム»  一回法と二回法の違い

一回法と二回法の違い

一回法と二回法の違い

2016.10.25

インプラント治療には一回法と二回法があります。その違いは、歯肉を切開する手術を一回行うか二回行うかで、一回行う場合が一回法、二回行う場合が二回法です。二回法では、まず、歯肉を切開し、ドリルで埋入体を埋め込む空間を作ります。そして、埋入体を埋入します。その後は、上に歯肉を被せて縫合します。骨と埋入体がしっかり結合するまでの約3~6ヶ月ほど期間は定着期間です。その後、インプラントが顎骨と結合し定着したことが確認されたら、次にクラウンをセットするための2次手術が行われます。2次手術では再度歯肉を切開し、埋入体にアバットメントを連結させます。大分の歯医者では、その後、型をとってクラウンを作り、それをアバットメントにセットするという流れで手術が行われます。このように、二回法では埋入体を歯肉下に埋め込んだ状態で、骨との結合期間を設けます。その後、アバットメント取り付けます。

それに対し、一回法はアバットメントと一体化したワンピースタイプのものを使用することで、手術を1回だけ行うインプラントの方法です。まず、大分の歯医者では、歯肉を切開し、埋入体を埋め入れます。そしてアバットメントの一部を歯肉の上に露出させた状態にして、この状態で顎の骨と埋入体の結合期間を設けます。その後、クラウンをアバットメントに装着します。二回法と比べると期間が短くてすむという特徴がある方法で、患者の負担も少なくてすむ方法です。

大分の歯医者では、一回法と二回法のどちらの方法が患者に合っているかについては、患者の顎の状態やニーズなども考慮した上で決められています。大分の小野歯科医院は、歯科治療の中でも最も難しい治療の一つといわれるインプラントの治療実績が高く、症例数も多い、治療に定評のある医院です。他院で骨量不足で治療を受け付けてもらえなかった患者なども骨造成のために通院しています。インプラント治療を考えている場合には、一度カウンセリングを受けて相談してみることをおすすめします。

治療には一回法と二回法があります。その違いは歯肉を切開する手術を一回行うか二回行うかです。一回行う場合が一回法、二回行う場合が二回法とよばれます。二回法と比べると一回法は期間が短くてすむというメリットがあり、患者の負担も少なくてすむという手術方法です。大分の歯医者では、患者の顎の状態や骨の量などによってどちらの方法が適しているのかが選択されます。

2016-12-06 11:20:45

院長コラム   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
Top