〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

EPARK歯科 24時間受付OK WEB予約
お問い合わせはこちら
TEL:0120-824119

インプラント・歯周病・予防歯科・矯正歯科・ホワイトニング・メタルフリー治療・往診は大分県由布市の歯医者【小野歯科医院】歯科医院

よくある質問

インプラント専用サイトはこちら 最先端 当院のインプラント最大の特徴 光機能化インプラント

アンチエイジングヒアルロン酸注入療法 男性・女性ともに人気なアンチエイジング。自然な笑顔はあなたを若々しく、美しくします。

二重アゴ等フェイスライン修正

メタルフリー治療 安心安全健康

Dr.コラム

スタッフブログ

よくある質問

料金表

求人案内

HOME»  よくある質問

インプラントに関する質問

 インプラントについて詳しくはこちら>>

インプラント治療は誰でも受けることができるのでしょうか?
他の歯科治療と異なり外科手術を伴う治療であると同時に、治療終了後も十分なケアが必要です。 高血圧症や心臓疾患等の循環器系疾患、喘息等の呼吸器系疾患、糖尿病や骨粗鬆症等の疾患、
腎臓や肝臓の機能障害がある場合には注意が必要です。
現在服用されている薬によっては、インプラント治療が行えない場合もあります。
正確な検査と診断が必要になりますので、ご相談ください。
インプラント治療にはどれくらいの期間がかかりますか?
治療を開始から治療終了までの期間は、個々の症例によって異なります。
例えば、顎の骨にインプラントを埋めてから、インプラントに骨が結合するためには、一定の期間が必要であり、
この期間はインプラントを埋めた部位の骨の状態に大きく影響されます。
また、インプラント治療部位の骨の造成が必要な場合には、さらに治療期間が延びることになります。
治療前には、治療期間についても詳しく説明致します。
インプラント治療の費用はどれくらいかかりますか?
通常のインプラント治療には健康保険が適用できませんので、患者さんの全額負担の自費診療となり、治療費は高額になります。
また、治療内容によっても異なります。
治療前には治療費に関しましても詳しくご説明させて頂きます。

インプラント治療は「医療費控除」の対象になります。
医療費控除とは、納税者や家族が病院で診察や治療を受け、
年間合計10万円以上の医療費がかかった場合、納めた税金の一部が返還される制度のことです。
検査・診断料からインプラント・かぶせ物の費用、手術費、通院のための交通費まで、
インプラント治療にかかった値段を確定申告すると、費用の一部が戻ってきます。
医療費控除の申告には領収書が必要となります。

■申告方法

1) 地域の税務署や申告会場へ直接提出する 各税務署の所在地(http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm
2) 郵便
3) インターネット
オンライン申請の「e-tax」(http://www.e-tax.nta.go.jp/) 上記3つの方法があります。 ※直接税務署の申告窓口で相談しながら記入することができます。 初めての申告でも確実に行うことができて安心です。市区町村によっては、相談会場を設けているところもあります。 各税務署にお問い合わせ下さい。

 

歯周病に関する質問

 歯周病について詳しくはこちら>>

歯磨きの時に歯ぐきから血が出ます。歯周病ですか?
歯周病(歯肉炎、歯周炎)になっている可能性があります。 歯周病とは、歯を支えている周囲の骨や歯ぐきに起こる病気のことで、 お口の中の細菌による炎症によって引き起こされます。歯ぐきからの出血も歯周病の一症状です。
歯周病が身体全身の病気を引き起こすと聞きましたが本当ですか?
本当です。歯周病は全身の病気を引き起こす可能性があります。 歯周病になっているということは、お口の中は歯周病菌などの細菌が増加している状態です。 歯周病菌が喉から入り、気管支や肺に入り込むと、間接的に炎症を誘発して気管支炎や肺炎を引き起こします。 また、歯周病菌が歯ぐきの血管の中に入り込んで心臓や脳の血管まで運ばれることもあります。 血管の壁に歯周病菌がこびりつくと炎症や動脈硬化を引き起こし、 心内膜炎・狭心症・心筋梗塞などの心臓病や脳梗塞を誘発する可能性があります。 さらに歯周病の炎症によって、間接的に糖尿病を悪化させたり、 早産や低体重児出産を引き起こすことが分かっています。
歯周病の原因は何ですか?
歯周病は、お口の中の細菌(歯周病菌)が原因で起きます。 お口の中には元々数百種類の細菌がいますが、食べかすなどの栄養をもとに一部の細菌が段々増殖して、 歯の周りにプラーク(歯垢、バイオフィルム)という細菌の塊をつくります。 このプラーク中の細菌が出す毒素が、歯の周りの骨や歯ぐきに炎症を引き起こし、歯周病が進行していきます。 さらに、歯周病の発病・進行には、喫煙や糖尿病、ストレス、食生活、年齢、咬み合わせなど毎日の生活にひそむ色々な危険因子がかかわっています。 歯周病の進行を促進させる原因になっています。
歯石は取らなくてはいけないのですか?
歯石を取らないと歯周病は治りません。歯石の中には多くの細菌がいて、 その細菌が出す毒素によって、歯の周りの骨や歯ぐきが炎症を起こすからです。 歯石はとても硬く、一度付くと歯磨きでは取り除くことはできません。 そのまま放置すると、歯石は蓄積されていき歯周病も進行してしまいます。 歯周病を改善し、歯と歯ぐきの健康を維持するためには、歯科医院で歯石を取り除くことが大切です。 また、丁寧に磨いていても下の前歯の裏側などは歯石が付きやすい場所ですので、 定期的に歯科を受診をお勧めします。

予防歯科に関する質問

 予防歯科について詳しくはこちら>>

フッ素は虫歯の予防に本当に効くのですか?
フッ素(フッ化物)には、歯のエナメル質と反応して歯を強くしたり、細菌がつくる酵素を抑制する作用があります。 また、細菌の出す酸によって溶け始めた(脱灰した)エナメル質の周りにフッ素(フッ化物)があると、 再石灰化を促進してエナメル質を修復するなど、フッ素にはむし歯になりにくくする効果があります。 世界保健機関(WHO)は、フッ素(フッ化物)がむし歯予防の有効な手段であるとして、 世界各国の専門機関に推奨しており、日本でも広く応用されています。
フッ素入りの歯磨き粉は効果があるのですか?
フッ素(フッ化物)入りの歯磨き粉を使うことで、むし歯の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くだけでなく、 フッ素(フッ化物)によるむし歯予防の効果(歯質強化、酸産生能の低下、歯の再石灰化)が得られます。 とくに、むし歯の感受性の高い小児や、成人でもむし歯リスクの高い方には効果があると考えられます。

ホワイトニングに関する質問

 ホワイトニングについて詳しくはこちら>>

ホワイトニングとクリーニングの違いは何ですか?
ホワイトニングは、歯の表面に専用のホワイトニングジェルを塗り、歯の内部を白く(漂白)することで歯の色自体を白く明るくします。 歯のクリーニングは、歯の表面に付いた汚れ(茶渋、タバコのヤニなど)を取り除くことで、歯をきれいにすることです。 歯の色が気になる場合には、その原因が歯内部の着色か歯の表面の着色かによって、治療法が変わります。 歯の表面に汚れが付いていて歯自体の色も改善する必要がある場合は、歯のクリーニングを行ってからホワイトニングを行います。
どんな歯でもホワイトニングできますか?
ホワイトニングで白くできるのは、天然の歯だけです。セラミックやプラスチックなどの人工の詰め物や被せ物は白くなりません。 また、抗生物質(テトラサイクリン系)などの薬剤により重度に変色した歯では、効果が期待できないことがあります。重度のむし歯や知覚過敏がある歯では、 先にむし歯や知覚過敏の治療を行う必要があります(歯の状態によってはホワイトニングが困難な場合があります)。
ホワイトニングは体に安全ですか?
ホワイトニングの安全性は多くの研究や論文によって確認されています。 ホワイトニング先進国のアメリカではFDA(アメリカ政府食品医薬品局)にて認可されており、 今まで数十万人の方に使用されております。

悪い歯並びのままだと何か問題はありますか?
悪い歯並びのまま放置していると様々な問題が起きる可能性があります。 歯並びが不揃いだと歯磨きがしにくいため汚れがたまりやすく、むし歯や歯周病になりやすくなります。 また、よく咬めない、正しい発音がしにくい、顔や顎の発育が悪くなるなど機能的な問題や、 顔の輪郭がゆがむ、口を大きく開けて笑えない、歯がコンプレックスになるなどの外見的な問題も起きます。 悪い歯並びが原因で咬み合わせに問題があると、肩こりや頭痛、めまいなどの全身に悪影響が出る場合もあります。
 
Top