〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

EPARK歯科 24時間受付OK WEB予約
お問い合わせはこちら
TEL:0120-824119

インプラント・歯周病・予防歯科・矯正歯科・ホワイトニング・メタルフリー治療・往診は大分県由布市の歯医者【小野歯科医院】歯科医院

インプラント

インプラント専用サイトはこちら 最先端 当院のインプラント最大の特徴 光機能化インプラント

アンチエイジングヒアルロン酸注入療法 男性・女性ともに人気なアンチエイジング。自然な笑顔はあなたを若々しく、美しくします。

メタルフリー治療 安心安全健康

Dr.コラム

スタッフブログ

よくある質問

料金表

求人案内

HOME»  インプラント

インプラントについて


歯科で行うインプラント治療とは、歯が無くなってしまった部分に、新しく第二の永久歯とも言える人工の歯を骨の中に植え、固定式の人工の歯を入れることによって、元の自分の歯と同じように食べ物を噛めるようにする治療方法です。

インプラントに使用される素材は体にとって無刺激で、体によくなじむチタン合金が使われています。インプラント治療は臓器移植と違って拒絶反応・ウイルス感染などの免疫的な問題は心配ありません。平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。

インプラントを1本入れた場合

インプラントは健全な隣在歯を削ってブリッジにしたり、前の歯に針金をかけるような取り外しする義歯を入れたりすることなく自分の歯のようにおいしく食事することが出来ます。

入れ歯やブリッジとインプラント治療の違い

インプラント治療は、歯を失った部分のみを治療しますので、ブリッジのように両隣の健康な歯まで傷つけてしまうこともありません。両隣の健康な歯まで削ってしまうと、その健康な歯までむし歯になってしまう可能性が高くなります。また、両隣の歯に負担がかかるため、将来的にその健康な両隣の歯まで失ってしまう可能性があります。 同じく、入れ歯もクラスプ(歯に引っかける金属の部分)を引っかけた歯に負担がかかるため、将来的にそのクラスプを引っかけた歯を失う原因にもつながります。

しかし、インプラント治療なら他の健康な歯には一切負担かけず、元の自分の歯と同じように食べ物を噛めるようになります。

大事な歯をできるだけ抜かずに残し、歯の健康を守っていくため、他の健康な歯に負担のかからないインプラント治療は、歯を失った場合の治療法としては最も優れた治療法であると言えます。

耐久性について

ブリッジも入れ歯も、耐久性など様々な点でインプラントと比べ問題が生じるでしょう。

ブリッジは、固定し支える為に両隣の健康な歯であっても削る必要があります。
そこに食べかすなどが詰まり不衛生になったり、支える歯に負担がかかり、将来的にその歯を失う可能性がかなり高くなります。 入れ歯も違和感があったり、食べかすが詰まり不衛生、またバネによる隣の歯への負担が大きく、将来的にその歯を失う可能性がかなり高くなります。

では、インプラントはどれくらい持つのでしょうか・・・?

インプラントは、とても丈夫で、人体への影響もないチタンでできています。
トラブルがなければ、極めて長期間の耐久性があり、自分の歯という感覚なので「第二の永久歯」との呼ばれ方もあります。

しかし、定期的なメンテナンスを受けなければ、インプラントの周りが歯周病などになってしまいインプラント自体を支えられなくなり、トラブルの原因になります。
インプラントを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスと、毎日の歯磨きをきちんと行うことが大切です。

インプラントのメリット・デメリット

・インプラントのメリット

1.天然歯と同じように噛めます
インプラントは天然歯と同程度まで噛む力が回復します。固いものでも問題なく噛む事ができます。また、噛んだときにも違和感がありません。

2.審美性に優れています
見た目が自分の健康な歯と全く同じで、区別がつきません。

3.他の天然歯を守ります
インプラントは機能性にも優れており、他の歯に余分な負担をかけません。そのため、他の天然歯の寿命を延ばすことにもつながります。

4.周りの歯を削る必要がありません
ブリッジのように周りの歯を削る必要がありませんので、健康な歯を健康なまま残すことができます。

5.食事が楽しめます
インプラントは他の治療法とは異なり、あごにしっかりと固定するため、食事の際に動いたりするなどの不快感もなくしっかりと噛めます。また、味覚の低下もありませんので、食事を楽しむことができるようになります。

6.笑顔を増やせます
審美的にも優れていますので、笑顔に自信がつきますので、笑いたい時にしっかりと笑えます。

・インプラントのデメリット

1.費用がかかります
インプラントは保険適用外であるので全額自己負担となります。しかし、保険内治療のように治療の制限もありませんので、その患者さまに合った最適のインプラント治療法で治療を行うことが可能です。また、費用対効果で考えると、決して高額であるとは言い切れません。費用以上の価値を感じていただけます。

2.手術が必要です
手術というには大袈裟かもしれませんが、歯を抜く程度の手術が必要です。

3.治療ができない場合があります
重度の心臓病、肝臓病、糖尿病などを患っている方は、場合により手術ができない場合があります。しかし、上記の方でも手術が可能な場合がありますので、一度当院にご相談ください。

4.日にちがかかります
入れ歯やブリッジなどの治療法より、治療期間がかかります。しかし、治療回数は他の治療法とほとんどかわりません。

5.定期的なメンテナンスが必要
インプラントを長持ちさせるには、定期的なメンテナンスが重要です。メンテナンスをしっかりと行うことで、半永久的に使用することが可能です。また、インプラントの寿命だけでなく、他の天然歯の寿命を延ばすことにもつながります。

Top