インプラントが長もちする方法|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

インプラントが長もちする方法

インプラントは天然歯と比較すると、周りの組織にも栄養血管が少ないため、炎症に対する抵抗性が天然歯に比べるととても低いという特徴があります。そのため、人工歯根を入れて治療が完了したからといってその後、何もケアしなくても大丈夫ということはないのです。

人工歯根を入れた後は、天然歯の時と同様、またはそれ以上に歯周病菌等の細菌感染にしっかりとした対応をすることが必要になります。もし、治療後の手入れを怠ると、人工歯根の周りの骨や歯ぐきが、治療前の歯周病と同じ状態になることがあります。これを周囲炎といいます。周囲炎になると、骨や歯ぐきが次第に痩せていきます。そして、最悪の場合、人工歯根が抜け落ちてしまうという危険性があるので、インプラント治療を受けた後は、以前よりも毎日のケアがより重要になってきます。口の中を清潔に保つことが重要で、この点がインプラントを長もちさせる方法といえます。

大分の小野歯科医院でも、セルフケアの基本は歯磨きであると考えられています。歯ブラシの毛先を上手に用いて細かく振動させるようにクルクルと磨くと清掃性は高いといわれています。

大分の小野歯科医院では、自身の歯と同じような状態で噛めることを重視した治療が行われ、定期健診等の予防診療も実施されています。人工歯根はむし歯になることはないのですが、必要なケアを怠ってしまうと周囲炎が引き起こされてしまい、せっかく入れた人工歯根を長もちさせることができなくなってしまいます。

そのため、大分の小野歯科医院では、快適な状態で長期間使用できるようにするために歯科衛生士によって定期メンテナンスが実施されています。人工歯根を入れたら治療は完了というのではなく、治療以上にその後のメンテナンスが重要になります。このメンテナンスをきちんと行うことで、できるだけ天然歯に近い状態で長く噛めると期待できます。大分の小野歯科医院では、インプラントを入れたらそれで終わりではなく、治療後のケアまできちんと責任をもって行われています。

インプラントは天然歯と異なり、周りの組織にも栄養血管が少ないため、炎症に対する抵抗力が自然歯よりも低いという特徴があります。そのため、人工歯根を入れて治療が完了したからといってその後、何もケアしなくても大丈夫ということはありません。

人工歯根を長もちさせる方法は、治療前よりもより丁寧な歯磨きを行うことで、口の中の衛生状態を保つことであるといえます。大分の小野歯科医院では、そのような考えに基づき、患者様ができるだけ長く人工歯根を使用できるように、治療後も定期メンテナンスが実施されています。