メタルフリー治療|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

メタルフリー治療
  • HOME
  • メタルフリー治療

メタルフリー治療について

最近花粉症のように有害物質が蓄積しアレルギー体質になられる患者様が増えています。
アマルガムという材質のものを以前はむし歯の部分に詰めていました。
現在では使われることはありませんが、多くの患者様のお口の中にはアマルガムが入っています。
そのアマルガムの中には水銀が入っており体内に蓄積しています。
そのためできるだけ早めに取り除いたほうがいいと思われます。
またニッケル等が使われている金属のかぶせ物も入っている患者様も結構おられ、ニッケルのピアスでアレルギーが出る方も多くおられると思います。
人によっては、なにかのかぶせ物の中の微量の金属がアレルギーに関係している場合もございます。
したがいましてできるだけ金属を使用しないものでかぶせるべきだと思います。
現在当院ではその口腔内に入れられた微量の金属製の詰め物・かぶせ物を取り除くことに取り組んでいます。
まだ全国的にも珍しい取り組みですがアメリカ発の方法で行っております。

下記のような難治性の症状の改善が期待できると考えています。

• 自閉症・ADHD・発達障害
• うつ等精神疾患全般
• アマルガム(歯の詰め物)他
• 重金属蓄積による体調不全
• 関節リウマチ、アトピー等
• 自己免疫疾患
• 慢性疲労症候群
• 副腎疲労
• ウイルス感染

アマルガム、パラジウムによる身体的不調について

防毒マスクをして患者様も帽子ガウンを着て、
ラバーダムをして水銀ガスを吸い込まないようにしている

過去にむし歯を治療した経験がある方の口の中には、たいてい保険の「アマルガム」か「金銀パラジウム合金」という金属が入っています。
これらの金属が、体に悪い影響を与えていると考えています。
アマルガムは、50%程度の水銀を含む金属です。
水銀が体に及ぼす影響が指摘されていますが、それと同じ水銀が、あなたの口の中にも入っているかもしれません。
特にお口の中は高温の状態で、しかも唾液という水分に常に触れています。
金属がイオン化しやすい環境にあります。
雨ざらしの鉄がさびやすいのと同じで、アマルガムやパラジウムも、お口の中で劣化し、腐食し続けると考えられます。
アマルガムは食べ物を食べる時等にその摩擦熱で、水銀を含んだ蒸気を発すると考えています。
長い間にアマルガムが劣化し、腐食したアマルガムや水銀の蒸気を体内に流し込み続けると、無自覚のまま体内に吸収され、内臓に蓄積されていきます。

原因がわからず様々な症状でお悩みの方、もしかして水銀やパラジウム等の金属アレルギーからくるものかもしれません。

水銀測定装置

以下のものはスウェーデン水銀中毒患者協会及びフロリダ安全歯科治療財団の指針をもとに作成されたものです。
一度チェックしてみてください。

水銀中毒の身体的症状

(1)口腔内の症状

 口の中がひりひりした感じ
 舌がザラザラした感じ
 唾液が出すぎたり、口が渇いたりする
 歯ぐきから血がにじむ
 歯ぐきが紫色になる
 舌が腫れぼったくなる
 歯の周りの骨が痩せる
 口臭がする
 歯痛がする
 顎の痛みがある
 歯肉、舌、口蓋に潰瘍がある
 白斑症(白い斑点)がある
 口内炎がある
 歯が抜け落ちる

(2)腎臓と腸の障害

 腎障害を疑う所見がある
 大腸炎がある
 便秘をする
 下痢をする
 腹部けいれん・下腹痛がする
 胃酸過多・胸やけがする
 胃が膨張する

(3)神経障害

 めまいがする
 頭痛・偏頭痛がする
 疲労・気だるさ・体力消耗がある
 眠気・物憂い状態になる
 睡眠障害(不眠・悪夢など)がある
 震え(手・足・唇・まぶた・舌)
 体の各部に麻痺・シビレがある
 手のひらと足の裏のピリピリする痛みがある
 燃えるような感じ・うずくような感覚がある
 手足の冷え・悪寒がある
 慢性的な熱・体温の変動が見られる
 味覚障害がある
 嗅覚障害がある
 発汗過多(手足など)がある
 頻尿である

 

(4)筋肉と関節の症状

 腰の痛みがある
 背中の痛みがある
 首の痛みがある
 肩の痛みがある
 腹筋の痛みがある
 足の痛みがある
 ひざの痛みがある
 手と指の痛みがある
 筋肉の弱りがある
 筋肉の協調動作の不具合がある
 歩行困難である
 首をまわすことが困難である

(5)心血管系、呼吸系の症状

 不整脈(頻脈・徐脈等)がある
 胸の圧迫と痛みがある
 呼吸困難(ぜんそく・咳)がある
 肺気腫(肺の組織が弾力性を失う病気)がある
 呼吸が浅く、不規則である

(6)皮膚疾患

 アクネ(にきび)がある
 体の各部の肌荒れがある
 発疹がある
 皮膚のかゆみがある
 アトピー性皮膚炎がある

(7)免疫・感染・アレルギー・その他の症状

 かぜやインフルエンザにかかりやすい
 かぜが改善しにくい
 アレルギーがある
 吐き気がする
 副鼻腔炎(蓄膿症)がある
 鼻炎がある
 喉の痛みがある
 リンパ節の腫脹(腫れ)がある
 浮腫(むくみ)がある

 

(8)視覚と聴覚

 目がかすむ
 物が二重に見える
 目の奥の圧迫感がある
 目が乾く
 目と筋肉の協調運動に障害がある
 光、特に蛍光灯の光に過敏である
 耳なりがする
 雑音がする

 

(9)その他の症状

 食欲が減退し、体重が減少する
 脱毛が見られる
 月経異常がある
 甲状腺疾患(甲状腺の病気)がある
 電磁場に過敏(電磁場でアマルガムが腐食し、水銀の放出を高める)である

(10)精神状態

 うつ病、ふさぎこみがちである
 自殺行為を思いめぐらす
 気味悪いことがらを思いめぐらす
 恐怖心が起こる
 悪い夢をよく見る
 幻覚、妄想、錯覚がある

 

(11)注意散漫と記憶障害と言語障害

 注意散漫、集中心の欠如、知的活動(思考、読書、執筆)の継続・維持が困難
 短期記憶の障害、忘れっぽくなる
 言語障害(言葉が思いつかなかったり、文が中途半端になったりする)がある

(12)感情と人格

 落ち着かず、神経質になり、イライラする
 不安になる
 怒りっぽくなり、情緒不安定になる
 内気になる
 無気力になる
 自己不審

当院では術者も患者様もリスクを削減した方法でアマルガムを除去しています。 一刻も早く除去されることをご提案いたします。(設備代として実費をいただいています)

金属アレルギー

金属アレルギーの大部分はネックレスやピアスなどに触れた部分が赤くなったり強いかゆみを生じたりする「アレルギー性接触皮膚炎」というものです。症状が重い場合には皮膚が剥けてしまうことや手足や全身にまで広がることもあります。
口腔内に金属が存在することは常に金属アレルギーになるリスクがあります。
金属は常に唾液などの液体に接触しており、特にイオン化しやすい金属では金属イオンとしてたんぱく質と結合して、生体から「異種たんぱく=異物」と見なされることがあるのではないかと考えています。
また、口腔は摂食器官として様々な性質の食べ物が入ってくるため、金属にとって過酷な環境であることが歯科金属アレルギーの大きな要因となると見ています。
今は、金属アレルギーを発症していない方でも、口腔内に金属がある限り金属イオンの溶出は進み、生体内に蓄積していきます。 以下のような症状でお悩みの方は一度ご相談ください。

金属アレルギーの症状

• 金属が溶けたことで歯ぐきに黒い着色がある方
• 味覚異常や知覚異常がある方
• 口内炎や舌炎、口唇炎が改善しない、長引いている方
• 局所や全身の蕁麻疹やかゆみ
• 皮膚炎