インプラントオーバーデンチャーとは|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

インプラントオーバーデンチャーとは

インプラントオーバーデンチャーは、数本だけ残った歯根や埋め込んだ人工歯根を支えに、取り外し式の総入れ歯を安定させる治療法のことをいいます。人工歯根を顎の骨にしっかりと固定することで、それを支えにして入れ歯を安定させるため、天然歯に近い力で噛むことができるようになるといった利点のある治療方法です。

上下の歯を全て失ってしまった場合でも、固定式の人工歯根で治療をすると、フィクスチャーという歯根が68本必要となります。その上で、かぶせる歯が12本必要となりますので、患者様にとってはかなりの負担になってしまいます。
しかしこの治療法で治療すると、人工歯根は24本ですむのです。そのため、全ての歯をインプラントにするよりも負担が軽くてすみます。また、この方法では、入れ歯と人工歯根は維持装置によってしっかりと顎に固定されているため、食事中等にもうっかり入れ歯が外れることはありません。そして、骨量の少ない方の場合でも治療ができる可能性が高いといったとても大きなメリットのある方法です。

大分にある小野歯科医院は、歯科治療のなかでも技術を要する治療の一つといわれるインプラント治療に力を入れて取り組んできた歯科医院です。インプラントについて学んできたスタッフによって、そのままでは治療できない患者様に対しても望ましい治療を提供することを目指します。大分にある小野歯科医院ではリスクを抑えて治療が行えるよう患者様の現在の歯の状態や健康状態について把握した上で、望ましい治療計画を提示してもらえますので、患者様は心配せずに治療を受けることができると思います。また、しっかりとした治療サポートも提供されています。

また、大分の小野歯科医院ではレントゲンや歯科用CTスキャンを用いて検査を行った上で、具体的な治療期間や治療計画についてもしっかりと説明いたします。

インプラントオーバーデンチャーは、数本だけ残った歯根や埋め込んだ人工歯根を支えに、取り外し式可能な総入れ歯を入れる治療法のことをいいます。人工歯根を顎の骨にしっかりと固定することで、それを支えにして入れ歯を安定させるため、天然歯に近い力で噛むことができるようになるといった利点のある治療方法で、全てインプラントにするよりも人工歯根が少なくてすむ方法です。
治療を考えている場合にはぜひお越しください。