サイナスリフトとは|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

サイナスリフトとは

大分の小野歯科医院でもインプラントはよく選択される治療法の一つですが、まだ歴史の浅い治療法で、さらに自由診療となるので手術を受ける歯科医院によって様々な方法が用いられます。手術を行う設備やメーカー、さらには補助手術等様々な特徴が各歯科医院や歯科医師の方針によって決定されますが、そうしたなかでも歯科医師らが良いとする手法としてサイナスリフトとよばれるものがあります。これから大分の小野歯科医院で手術を受ける方のなかにも、サイナスリフトが必要だとカウンセリングでお聞きになることもあるかもしれませんが、ここではインプラント手術の際のサイナスリフトの必要性について見ていきましょう。

まずそもそもどのような手順で手術が行われるのか整理していきましょう。抜歯後や歯の欠損後には入れ歯やブリッジが用いられることがありますが、インプラントはこうした方法とは根本的に異なります。治療の際には土台となる部分を骨に埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるという外科的な手術を伴う大掛かりなものになりますが、この際に重要になるのが歯の骨の厚みです。手術後には土台と骨がしっかりと結合することが大切ですが、なかには骨が非常に薄いという場合もあります。これは先天的な骨格や歯ぐきの形状や歯周病等の病気に起因するもの等様々ですが、いずれにせよ骨の厚みが十分でなければ土台を安定的に固定することはできません。そこで登場するのが先程も挙げたサイナスリフトとよばれる治療法です。大分の小野歯科医院でもよく選択される治療法の一つですが、これは手術を行えないほど骨が痩せてしまっている時に、骨を移植して手術可能な状態にするという目的で行われます。

ではサイナスリフトの手順について見ていきましょう。サイナスリフトの手術ではまず歯ぐきを切開します。これは上顎洞が位置する場所になりますが、そこを切開し中に人工の骨を補てんします。そしてこの移植手術からおよそ3ヶ月程度の期間を設け移植した骨と自分の骨が結合するまで待ちます。その後はオーソドックスなインプラント手術と同じ手順となりますが、こうしたサイナスリフトは骨が薄い方だけでなく歯の欠損が複数本にわたる方等に適用されます。そのため例外的な手術ではなく、大分の小野歯科医院でも様々な方に対し実際にサイナスリフトの手術を行っていますが、リスクを減らして長もちさせるためにはどうしても必要な手術といえます。インプラントの治療は長期間の我慢が必要になりますが、サイナスリフトでは人工の骨の結合を待つ必要があるのでさらに期間は長くなってしまいます。しかし、手術のリスクを抑えながら、審美性や機能性を保つためには不可欠な場合も多いので、手術をお考えの方は小野歯科医院までご相談ください。