ソケットリフトとは|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

ソケットリフトとは

インプラントは審美性にすぐれ、また咀嚼力等も健常な歯と遜色ない程度まで復元することができるので、大分の小野歯科医院でも老若男女問わず幅広い方が選択されます。見た目にもほとんど健常な歯と変わらず、むしろ美しくなるほどなので、女性にも選ばれる方法となっています。健康保険が適用されないので高額になるという課題はありますが、最近では大分にもインプラントに特化した歯科医院が増えています。入れ歯やブリッジよりもメリットが多いインプラントという治療ですが、外科的な手術を伴う大掛かりな治療となるので、十分な検査が必要となります。そしてそうした検査の際にリスクの少ない手術を行えないと判断されることもあるのですが、そうしたケースで比較的多いのが歯肉の形状や歯の欠損数の問題です。これは大分の小野歯科医院でもよく見られることですが、歯の骨の厚みが5ミリ以下となっている場合には土台を安定して固定することができないので、本手術に移る前にソケットリフト等の手術を行う場合があります。大分の小野歯科医院でもソケットリフトはメジャーな治療法となっていますが、ここではその特徴について整理していきましょう。

骨の厚みが足りない場合には、その箇所に人工の骨を移植して増強することになりますが、この際には移植するための窓が必要になります。ソケットリフトと対比される治療法としてサイナスリフトとよばれるものがありますが、サイナスリフトでは歯ぐきから移植を行うのに対し、ソケットリフトでは歯を抜いた穴から移植を行います。抜歯後は空洞のようになっているとイメージしやすいでしょうが、そこにさらにドリルで穴をあけていきます。そして人工の骨により上顎洞とよばれる部分を押し上げ、そこにインプラントを埋め込むという手順になります。

サイナスリフトに比べて身体的な負担が少ないことから優先的に採用する歯科医師も多いですが、骨の厚みや骨格の形状等、様々な状態を考慮した上でサイナスリフトかソケットリフトかが選択されます。このように大分の小野歯科医院でも慎重に検査を行いながら、より良い状態でインプラントを埋め込むための下準備を行います。想定していた治療期間よりも長くなることもありますが、こうした前段階の治療法が進化したことで審美性や寿命等も向上しています。これからインプラント手術を受ける方も、カウンセリング等の段階でサイナスリフトやソケットリフトによる補助的な手術を提案されることもあるでしょうが、その際にはメリットやデメリット等を十分確認した上で、リスク削減を含めた治療を受けてください。