骨造成とは|インプラント・歯周病・ホワイトニング・メタルフリー治療・金属アレルギー・訪問診療は大分県の歯医者【小野歯科医院】

〒879-5413
大分県由布市庄内町大龍2346-1

骨造成とは

インプラント治療を行う場合、顎の骨に埋め込んだ人工歯根を外れないようしっかり固定させる必要があります。そのためには、十分な顎骨幅な骨量が必要になります。もし、顎の骨が薄すぎたり少なすぎると人工歯根が固定できず、骨を突き抜けてしまったりするリスクがありますので、骨量が少ないと、骨の量を増やす必要があります。

歯周病の進行で歯を失った場合には、そのままにしておくと上顎洞とよばれる空洞が顎骨を吸収し、顎骨の退縮が起こってきます。そのため、骨を造成するためにサイナスリフト、ソケットリフト等の骨造成を行うことが必要となります。

上顎洞底挙上術ともよばれるサイナスリフト方法では、上顎洞とよばれる空洞を側面から押し上げて骨補てん材を注入し、骨を人工的に形成することになります。歯を失うと歯槽骨が吸収され、空洞が拡大します。骨造成は歯槽骨の厚みが不足している場合に骨の量を増やす方法です。

また、ソケットリフトとよばれるサイナスリフトと似た上顎洞底挙上術もあります。こちらはサイナスリフトとは異なり、人工歯根を埋める部分から処置することができるため、傷口がちいさくてすみ、治療期間も短くてすむという長所のある方法です。

大分の小野歯科医院では、インプラントについて学んできたスタッフによってそのままでは治療できない患者様に対する骨造成手術が行われています。大分の小野歯科医院ではしっかりとした治療のサポートを受けることができるので、患者様はリラックスして治療を受けることができるのではないでしょうか。小野歯科医院ではリスクを抑えて治療が行えるよう、患者様の歯の状態や健康状態についてもしっかりと把握した上で治療が進められています。

また、大分にある小野歯科医院ではレントゲンや歯科用CTスキャンを用いて詳細な検査が行われた後、治療期間や治療の流れ治療計画についても治療開始前にしっかりと説明してもらうことができます。

インプラント治療では顎骨に人工歯根を埋め込んで、外れないようしっかりと固定させる治療で、十分な顎骨幅が必要とされます。しかし、顎の骨が薄いと人工歯根が突き抜けてしまったりする危険性があるので、骨量が少ない方がインプラント治療を受ける場合は、骨を増やす必要があります。

大分にある小野歯科医院は、歯科治療のなかでも技術を要する治療の一つといわれるインプラントの治療に力を入れて取り組んできた歯科医院です。大分でインプラント治療を考えている場合には、小野歯科医院で一度カウンセリングを受けてみてください。